レンタルサーバー比較メモ

レンタルサーバーメモブログ

 

海外サーバーでDNSが反映されない!

   

海外レンタルサーバーで利用するためにドメインを取得した後、ネームーサーバーを記述してドメインへアクセスしてみたのですが、いっこうにDNSが反映されないトラブルに見舞われてしまいました。

国内サーバーではネームーサーバーを記述すると大半は問題なくDNSが反映されていたので、どうしたらよいのか途方に暮れてしまいました。

せっかく取得したドメインなので何とかして利用したいと思い以前に取得したドメインでネームサーバーを登録する意外の方法で利用していたのを思い出して登録されている内容を確認し、海外サーバーでもDNSが反映されるようになったのでメモっておきたいと思います。

ネームサーバーを登録しないでDNSが反映できるかもしれない方法

ドメインとレンタルサーバーを関連づけるために「Aレコード」や「CNAMEレコード」というものを理解することが必要とのことなのですが、筆者自身難しいことは避けたいのが本心ですよね。(^ ^;

そこで、まずはレンタルサーバーの・・・

IP Address を調べましょう!

そして次にドメインを取得したサイトへ移動します。

ネームサーバーはデフォルトのままであることを確認してからDNSマネージャーなどのDNSを管理したりできる画面へ進みます。

次に「タイプ」「TTL」「Target」という項目を追加できる場所を見つけます。

「タイプ」には「A」「AAAA」「CNAME」「LOC」「MX」などが選択できるようになっていたので「A」を選択しました。

「TTL」には「14440」という数字が記述されていましたので、そのままにしておきました。

最後の「Target」に先に調べておいたレンタルサーバーの「IP Address」を記述しました。(例:「127.0.0.1」みたいな数字です)

(筆者の場合は3つの項目を選んだり、記述したりしましたが、ドメイン管理会社によっては違うかもしれません)

上記のような感じに設定することでDNSが反映されるようになりました。

最近の海外サーバーはネームサーバーを登録するよりも、Aレコードなどを登録するのが流行なのでしょうか?

今回のトラブルで、海外のレンタルサーバーを利用するときはサーバーネームでドメインに登録するのではなく、「Aレコードで利用するようにしていきたい!」と思うようになってしまいました。(^ ^;

完全にDNSを反映できるのかどうかは分かりませんがとりあえずDNSが反映された方法をメモっておきました〜。

 - エラー・トラブル

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
SQLite ManagerでStrict Standards

WordPressをSQLiteにインストールして、SQLiteのデータベースを …

no image
xamppのapacheが起動しない!

ubuntuを再インストールした後にxamppをインストールしたのですが、xam …

no image
WordPressバージョンアップ後に管理画面が文字化け!

WordPressをバージョンアップした後に管理画面に移動するとダッシュボードが …

no image
無効なURLです。プログラム設定の反映待ちである可能性があります。しばらく時間をおいて再度アクセスをお試しください。

以前、Xdomainの無料サーバーのPHP&MySQLを利用してWordPres …

no image
127.0.0.1では表示されるのにlocalhostだと403エラー!

XAMPPを立ち上げてサーバーにアップする前のサイトを作成しようと「http:/ …